切符に書いてある東京都区内・山手線内はどんな意味?

東京都区内・山手線内はどの範囲?使い方は?


東京都区内の範囲

基本的には長距離きっぷの発着場所の隣に書いてある「都区内」や「~市内」という文字。
意外と知らずに使っている方も多いのではないでしょうか。
お客様からもよく「この都区内って何?」や「品川は行けるの?」などお声をいただきます。

今回は東京についている都区内と山手線内についてご紹介!
東京都区内の範囲はこちら↓

〇山手線内は緑色の丸い線内です。

〇名古屋⇔東京でも名古屋⇔品川でも正規料金は同じなので、特に品川で降りても損というわけではありません。

〇品川も都区内に入っているので新幹線を品川で降りても都区内の範囲を使うことができます。


都区内、山手線内きっぷの使い方は?

新幹線で東京駅や品川駅に着き、そのまま出口改札を出たい場合は都区内・山手線内の利用は関係ありません。
しかし、新幹線を降りてからJRの在来線に乗り換え、最終的な目的地が上記のどこかに行きたい・またはその先に行きたい場合は使い方を知っておくと便利でお得です。

例)名古屋⇔東京(都区内)の切符で新宿まで行く場合

①名古屋駅⇒東京駅の新幹線の出入口改札に通さず、JR在来線の乗り換えの改札に入れます。
(東京駅に限らず品川駅や他新幹線駅も同じです)

②また改札から切符が出てきます。それを取り、JR在来線に乗り換えます。

③上記範囲内であれば、どこかの出口改札を通さない限りは何度乗り換えても有効です。

④そのまま降車駅(今回は新宿駅)で改札に通せば出ることができます。

新幹線の東京駅で出てしまえば、また東京から新宿の切符を買わなくてはいけませんね。

※また一例として、図の右下に葛西臨海公園がありますが、その次駅はディズニーリゾートが最寄りの舞浜駅となっています。このような範囲外に行きたい場合は、2つパターンがあります。

1.乗り越し清算を使う…降車駅で不足分の運賃を支払う。駅員さんか精算機で可。

2.先に不足区間の切符を買っておく…事前に切符を買っておくことで当日清算の煩わしさがなくなります。基本JRのみどりの窓口や東海ツアーズさんなどであればどこでも買えます。(1カ月前から)

おまけ
東京都区内等は使わないケースですが、新幹線回数券(切符)は他の新幹線回数券と組み合わせて使う事もできます。もちろん回数券と単純に日付指定の切符との組み合わせも可能です。
例えば宇都宮まで行きたい場合。

「名古屋⇔東京の回数券」+「東京⇔宇都宮の回数券」の組み合わせで使うことができます。
東京行きの新幹線に乗り、東京駅についたら宇都宮方面に向かう新幹線に乗り換えましょう。

ポイントとしてはJRの管轄が違う(JR東海、西日本、東日本、九州)区間の切符は金券ショップで取り扱っていない場合が多いです。
東京にも金券ショップはたくさんありますので、探してみるとよいでしょう。
さらに安くお得にできるかもしれません。
当店でも安く行ける方法は相談に乗りますので是非聞いてみてくださいね。